おすすめ取引所

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

f:id:gnikuya:20171207211340p:plain

どーも!仮想通貨東大生のゆうきです!

今回は最近テレビCMでおなじみの仮想通貨取引所bitFlyerについての説明をさせていただきたいと思います!

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

f:id:gnikuya:20171207201211g:plain

bitFlyerは国内初のビットコイン販売・取引所として2014年1月に開設され、

現在では日本国内において取引量&ユーザー数が最大の取引所となっています。

bitFlyerのCEOの加納裕三氏は、東大卒業後にゴールドマン・サックス証券にエンジニアとして入社し、その後bitFlyerを設立しました。

CTOとCFOの方もゴールドマン・サックス証券出身の方と経営陣の経歴が半端なくゴリゴリなものとなっています。

取り扱い通貨

f:id:gnikuya:20171207201956p:plain

現在ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコインの6種類が扱われています。

仮想通貨の中でも安定したものが取り扱われているので初心者の方は安心して取引できると思います!

各種手数料について

Bitflyerの手数料は安いです。

ビットコインと円の現物取引であれば、0.01%〜0.15%と、かなり安い手数料で取引することができます。

その他の手数料も他の取引所と比べても安いです!

詳しい手数料の情報については、公式の手数料一覧を参照してください。

ビットフライヤーのメリット

取引量が多い

f:id:gnikuya:20171207205848p:plain

取引量が多いため、注文が通らないということが少なく、買いたい値段・売りたい値段で取引できる可能性が高くなります。

取引所としての信頼が高く、セキュリティも万全

f:id:gnikuya:20171207203713p:plain

ビットフライヤーは有名会社が株主になっているため、他の取引所と比べ、信頼度が高いです。

また資本金が他の取引所と比べて高く、セキュリティの整備に資金を当てられています。マウントゴックス社がハッキングされ、ビットコインが盗まれるという事件が昔ありましたが、取引所の安全性はとても重要な要素です。

ビットフライヤーのデメリット

販売所のスプレッドが大きい

f:id:gnikuya:20171207210242p:plain

ビットコインの販売所のスプレッド(価格差)が大きいです。ビットコインを購入するときに割高になってしまうので、ビットフライヤーでビットコインを買うときは、販売所ではなく取引所を使いましょう!

扱っている仮想通貨の種類が少ない

安定した仮想通貨のみが扱われているので、種類がコインチェックなどと比べると少ないです。色々なものが買いたい人はコインチェックをおすすめします。

coincheck.com

bitFlyerの登録方法

1.bitFlyerでメールアドレスを登録してユーザー仮登録

2.基本情報・口座情報を登録

3.電話番号認証・本人確認書類を登録する

4.郵送による本人確認

5.銀行、クレジットカードからbitFlyerへ入金する

ビットフライヤーのアカウント開設はこちら

bitflyer.jp

 ビットフライヤーまとめ

ビットフライヤーはかなりお勧めできる取引所です!

リスク回避のために信頼できる取引所を複数開設するのが基本なので、まず国内最大のビットフライヤーで口座を開設することをおすすめします!

ビットフライヤーのアカウント開設はこちら

f:id:gnikuya:20171207201211g:plain