ICO

ICOとは?個人的にあんまり好きじゃない最近の傾向と共に改めて解説してみた。

f:id:gnikuya:20180222111908p:plain

どーも!仮想通貨東大生のゆうきです!

本記事では

最近少し傾向が変わってきたICOについて解説してみたいと思います!

ちょっと最近の流れはあんまり好きではないです。笑

ICOとは?

f:id:gnikuya:20180222010242p:plain

「ICO」とは「Initial Coin Offering」の略で、「クラウドセール」や「トークンセール」とも呼ばれ、コインやトークンを発行することによって行われる資金調達・クラウドファウンディングのことです。

通常、投資家達からビットコインやイーサリアムなどの払い込みを受け、コインやトークンをその対価として発行します。払い込まれた仮想通貨は換金するなどされ、サービスの開発などに当てられます。

株式公開を「IPO」=「Initial Public Offering」といいますが、こちらは未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、より多くの投資家が株式に対してアクセスできるようにすることです。

ICOの特徴

①直接投資家から投資が受けられる(直接投資できる)

従来の資金調達ではベンチャーキャピタルや証券会社や銀行が仲介をして手数料をとっていました。ICOでは手数料が仲介者が存在しないため、投資家から払い込まれる投資金をすべてそのまま受け取ることができます。逆に投資家も投資するときに手数料が取られなくて済みます。

このような手数料で儲けていた金融業者は困りますね。金融業者にかかわらず、あらゆる仲介業はブロックチェーンにつぶされていく運命にありますが。

②インターネットを通して世界中の投資家から小口で幅広い投資が募れる(個人投資家が早い段階で投資に参加できる)

③資金調達までのスピードが早い

②と③の特徴についてまとめて解説します。

まずICOとIPOの投資家が参加できる段階の比較をしてみましょう。

f:id:gnikuya:20180221220327p:plain

IPOでは事業・会社が成長し、社会的な信用ができたら、取引所に上場するというプロセスを踏みますが、ICOではいきなり資金調達をパブリックに行い、その後にサービスの開発し会社を成長させていくという『逆のプロセス』を踏みます。

IPOするためには法的な手続きや社内体制の整備が必要で(日本ではだいたい3年はかかる)とても時間がかかります。(ややこしい手続きが入らないのでベンチャー企業や個人も資金調達ができるようになったということも)

また、資金調達した場合、一度仲介業者の元にお金が払い込まれるので自分のところにお金がくるまで時間がかかります。

これに対して、ICOは手続きが特に必要なく、直接払い込まれるため、資金調達の速度が圧倒的に速いわけです。

また、いままでできたばかり会社の株式にアクセスできるのは一部の限られた人たちでしたが、ICOの場合は株式ではありませんが、トークンやコインという形でほとんど誰でもいきなり会社にアクセスできるようになったのです。将来グーグルやフェイスブック並の世界企業になる会社に最初から投資してとんでもないリターンを得られるかもしれないという夢が誰にも開かれたということがICOのいいところだと僕は思っています。

いままでは金融機関の厳しいチェックを通らないと資金調達ができませんでしたが、誰でも参加できるようになったので、革新的なビジネスや公共性を重視したビジネスも資金調達がしやすくなったこともいいことですね。

ただ現状ICOを精査することは難しいとも言えます。判断基準がホワイトペーパー(プロジェクトの説明資料)とプロジェクトメンバーの過去の経歴ぐらいしかありません。詐欺じゃないかを見抜くのは難しいです。

④株式と違って経営権が発生しない

資本主義の世界では金がすべてということで株式の保有率が高い人間が会社の経営権をもつことができますが、トークンやコインをいくら保有しようと会社の経営方針には口出しできないというのがICOの特徴です。会社側からすれば経営に口を出されない、利益分配も不要ということで事業者が自由気ままに事業を行うことができるというメリットになるのですが、投資家からすれば経営を監視できないというデメリットになります。ICOによって集まったお金は返済の義務がないので、開発せずにお金をもらって逃げるということもあります。

⑤決済ができる

株式は決済手段として使えませんが、トークンやコインは場合にもよりますが、実際に物を買うなど決済手段として使うことができます。また株式の移転はかなりめんどうな手続きを踏まないといけませんが、トークンの譲渡はインターネット上で容易に行うことができます。

⑥上場しないかもしれない

ICOはIPOと違って、取引所で必ず扱われることは確実ではありません。

ICOに参加したものの、取引所に上場しなければ換金できる場所はなく、完全にゴミクズ状態になります。ICOした人間がお金を儲けただけで投資家は何も対価を実質的にもらえないことになります。

各国のICO規制状況

jp.cointelegraph.com

中国や韓国などICOを全面的に禁止している国もあれば、友好的な態度で規制に乗り出している国もありますが、依然としてほとんどの国はまだ検討の段階です。

今ICOを行えばやりようによってはなんらかの法律に引っかかるかもしれない。日本では売り上げとして計上されるので高い税率がかかってしまいます。

今のところはICOを行うことはハイリスクであると言えます。

ICOの未来が明るくなるような規制を各国には期待したいですね。

ICOの最近の傾向

仕方ないんだけど、あんまり好きじゃない方向にいってるな〜と思っています。笑

それが何かというと

ICOがほとんどプライベートセールで終わるようになってしまったことです。しゃーないんだけどね。笑

プライベートセールっていうのはパブリックにセールを行う前に、審査を通った大口投資家のみを対象に行われるセールです。パブリックセールだけでICOが終わってしまうICOが続出しています。さらにだいたいは優良なICOです。

詐欺みたいな案件は大衆の小口投資家も参加できるという感じになるのかもしれません。泣

少なくともパブリックセールに参加できない小口投資家は大口投資家よりも高いお金でトークンを取得するハメにはなります。

なぜパブリックセールだけで終わらすようなICOが多くなってしまったのかというと、顧客保護とICOの健全化のためですね。

だいたいのICOで発行されたトークンは、取引所に上場した直後、大きな値上がりをしますが、そこで投機筋の人間が売りぬけることによって、価値が暴落し、長い間価値がさがったままになることが多いです。このような状態は健全だとは言えません。投機筋の人間がトークンを売り抜けては、新しいICOを探し、さらに売りぬけるという最悪な循環が起こります。

そこで資金のある適格投資家からのみ資金を募るようにしようという流れが起こっているんですね。投資家の方々は長期的な思考を持っていて目先の利益にとらわれない人が多いので長い間を見守ってくれる傾向にあります。なので、大部分を大口投資家にプライベートセールで売ろうというわけです。

最近の傾向に対する僕の意見

f:id:gnikuya:20180222004804j:plain

初期の段階で会社に対する投資を世界中の誰もができるというICOの魅力がなくなってしまうのは結構僕としてはかなり悲しいです。

富める者が富む世界ではなく誰でも豪華な人生を夢が見ることができる世界ってやっぱいいじゃないですか。笑

ICOに関してだけじゃなくて仮想通貨一般に関しても投機の段階でみんなが参加できるっていうのがワクワクするんですよね。笑

まあ今のままでICOが健全に発展することは難しいと思うので、ありだと思います。

ただプライベートセールへの移行が最適解というわけではなく今はまだ仮説の段階でしかないのでまた違う形になりうりうると思います!

どうやってここからICOが発展するか楽しみですね!

まとめ

ICOについて今回は書かせてもらいました!

ICOは資金調達の革命なので理想的な形で発展していくことを願っています!

頑張って書いてたのでシェアしてもらえると嬉しいです!では!